男性芸能人

GACKTは幼少期から病弱だった!?持病の神経系疾患は何か調査!

ミュージシャンのGACKT(ガクト)さん。

毎日5時間のトレーニングや食事にもこだわりがあるガクトさんですが

幼少期から持病を持ち、病弱であった時期を過ごしているようです。

子供の頃に入院していた壮絶エピソード

や持病の神経系疾患は何か調査していきます。

詳しくみていきましょう。

48歳でストイックなガクトさん

ミュージシャンのGACKTさんは

2021年9月には48歳でアラフィフとは思えないボディの持ち主です。

それも毎日5時間のトレーニングを行い

食事もかなり気を使っているようです。

  • 朝は野菜ジュースとマヌカハニー
  • 昼食は食べない
  • 夜食はしっかり食べる
  • 炭水化物は摂取なし
  • 米は20年以上食べていない
  • 炭水化物解禁は年一度のラーメンだけ

とかなりのこだわりようで

それを何十年も実施できているのがすごいですよね。

スポンサーリンク

2021年9月無期限活動中止


そんなGACKTさんですが

2021年9月に”無期限活動休止”を発表しています。

その経緯も

  • 8月6日:移住先のマルタ共和国から日本に帰国後体調不良
  • 8月14日:予定されていたライブ配信の休止を発表
  • 8月31日:9月中の生配信もすべて行わないことを発表

しています。

ファンの方々も心配している声が多く、

これまでに体調不良で2週間も休むというのは非常に珍しいことのようです。

「幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました。体調が悪化した状況が数週間続きましたが、体重は10キロほど落ちたものの現在の容体は安定しております」と説明した。

引用元:スポーツ報知

さらに2021年9月7日には”無期限の活動休止”が発表されました。

しかし、重度の発声障害を併発。「現段階では声を発する仕事の続行は不可能と医師からの判断がございました」とし、無期限活動休止を決断した。

引用元:スポーツ報知

現在は

  • 自宅で療養中
  • 活動再開に向けて治療に専念する予定

だということです。

体作りなどストイックなトレーニングをしていたGACKTさん。

実は幼少期から入院をしたり体が弱かったということを話していました。

スポンサーリンク

幼少期は病弱だった?!

現在はたくましい体のGACKTさん。

2014年5月2日”シネマトゥデイ”では

「小さいころは病院の思い出しかない」と告白。体が弱くて長時間運動することもできなかった、格闘技を習い、19歳のころから体質改善に取り組み、強靭(きょうじん)な肉体を手に入れたという。

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0062626

と子供の頃は病院の思い出と

体が弱かったことを話していました。

調べていくと幼少期からの”病院での思い出”がでてきました。

スポンサーリンク

7歳の頃、海で溺れる

GACKTさんは7歳の頃、沖縄の海で溺れる経験をしています。

そしてその溺れたのも波にのまれ、引きずりこまれるように沈んでしまったとか。

そのことについて自身の著書「自白」にも書かれていました。

水を飲むだけ飲んだ時、急に音がパッと消えた。凄く優しい感覚、あったかい感覚、まるで何かに抱かれているかのような感触があった。どう表現すればいいのだろう。
僕は、それまで味わったこともない安堵感に包まれていた。
その直後だった。走馬灯が回り始めた。生まれてからの記憶が事細かに、順番通りに頭の中で回って行った。
初めての事だった。感じたことのない恐怖を味わった。間違いなく死ぬ。そう思った。

引用元:http://wwwamiami.seesaa.net/article/302740072.html

さらにその溺れたことがきっかけで

”見えないはず”のものが”見えるよう”になってしまったようです。

溺れた後、僕は色々なものが見えるようになった。その日を境に完全に変わった。目が覚めた後、今まで全く見えていなかったものが、完全にみえるようになっていた。いわゆる霊的な現象といえばわかりやすいだろうか。
僕は、生きている人とそうでない人の区別が出来なかった。

引用元:http://wwwamiami.seesaa.net/article/302740072.html

そしてそれが原因で

生きている人とそうでない人の区別が出来ず、

周囲からみたら「異様なものだった」とも書かれています。

そういったことが頻繁に起こるようになり

GACKTさんは精神的におかしくなったと思われたようです。

まだ小学生で7歳のGACKTさんに大人も驚いていたようですね。

スポンサーリンク

10歳、倒れる

さらにその3年後、10歳になったGACKTさんは突然

胃・内臓が激痛により動けなくなり倒れてしまったようです。

病院に運ばれた後は「原因不明」だと言われ、

まだ発見されていない伝染病かもしれないということもあり

隔離されたようです。

隔離されて、監禁され、鉄格子の付いた病棟に放り込まれた。子供ばかりだったことから、おそらく小児病棟だったと思う。伝染病だったり、重病の子供が多い病棟だったのだろう。

引用元:http://wwwamiami.seesaa.net/article/302740072.html

GACKTさんはこの頃の1年がとてもつらかったと大人になってから話しています。

そして

廊下を出て他の病室に行くとほとんど死んでいく子供たちばかりだった。僕にはそのことがよく分かった。その子たちと話していると、「この子は明日、死んじゃうんだ。」みたいなことを、すぐに感じてしまうのだ。
翌朝、看護師さんがバタバタ廊下を走る音が聞こえる。そして、僕は、友達がまた、一人、死んでしまったと知る。

引用元:http://wwwamiami.seesaa.net/article/302740072.html

このような経験をみてみると

子供の頃からとてつもない経験をしていることがわかります。

そして病院での思い出しかないと話すGACKTさんの過去が壮絶すぎることがわかります。

その後、担当医をジッと観察し、動作、話し方、話の内容まですべて覚え

”正常”だと判断され、退院ができたということです。

突然の体の異変も含め、子供の頃に精神的にもかなり大変な状態だったようですね。

そして自身が話されていたように

”病弱だった”というのは本当なのかもしれません。

スポンサーリンク

持病の神経系疾患は何?

入院のエピソードがありますが

病名については公言していないGACKTさん。

持病の神経系疾患とはなんでしょうか。

神経系疾患とは

  • てんかん
  • 頭痛
  • アルツハイマー病
  • 血管性認知症
  • パーキンソン病
  • パーキンソン症候群

なども疾患もあてはまるようです。

子供の頃からの持病ということで”てんかん”ではないかという声もあるようでした。


てんかんとは

  • 突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす病気
  • その原因や症状は人により様々
  • 乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性がある

ようです。

さらには

GACKTさんは過去にステージで倒れたことがあるようですね。

2020年2月1日に行われたライブでもライブ中に気を失ったことをあかしていました。

ファンの間では心配の声もあがっていました。

今はとにかく休養してほしいですね。

error: 右クリックはできません。