未分類

笑う大晦日2021がつまらないと声があがる3つの理由!企画・特別感もうひとつは?

2021年12月31日に初めて放送された笑う大晦日。

それまで”ガキ使”があったということで

放送前から話題になっていましたが

放送を見て「つまらない」との声もあがっているようです。

そのような声があがる理由はなんでしょうか。

3つの理由をみていきます。

笑う大晦日2021がつまらない?

ガキ使に変わって放送された笑う大晦日。

出演メンバーもかなり豪華であり

LIVEで見れるという臨場感もあるようですが

放送をみたネットの声は「つまらない」というものが

少なくないようです。

スポンサーリンク

ネットの声

主演メンバーはかなり豪華でありますが

つまらないの声が見うけられますね。

その理由についてみていきます。

スポンサーリンク

笑う大晦日2021がつまらない3つの理由

では3つの理由をみていきます。

理由①特別感がない

笑う大晦日は名前にもあるように

大晦日に放送される特別な番組ですが

  • 大晦日感がない
  • 特別感がない

などいつものお笑い番組の延長感が否めないと感じる人もいるようです。

いつもの笑い番組との差があまり感じられずにいた人も

少なくないようです。

スポンサーリンク

理由②企画・演出が微妙

2つ目の理由は

企画や演出が微妙という声です。

出ている芸人さんそれぞれは面白いけれども

その演出や企画が「面白い!」と言えるほどでないということですね。

所々にでてくるドラマのような企画にも

面白さを感じない人もいるようです。

スポンサーリンク

理由③ガキ使が偉大すぎる

3つ目の理由は

ガキ使が面白すぎ、偉大すぎる

という点です。

何年も放送されてきたガキ使にマンネリ感を覚えてはいたものの

なくなってみるとその偉大さがわかったり、

凝っている演出や企画が面白ったと感じる人も少なくないようです。

ガキ使ロスがかなりすごいようですね。

来年はまた変化があるかもしれませんので

それも注目ですね。

error: 右クリックはできません。